相続放棄の注意点と影響

相続放棄の注意点と影響

 

相続放棄の注意点

1.原則として、自分が相続人になったことを知ったときから、3か月以内にしなければなりません。
2.プラス財産だけ相続し、マイナス財産は相続しないことはできません。
3.3か月の間に、すでに遺産を使い込んだり、処分した場合、相続放棄をすることができなくなります。※
4.詐欺や脅迫を受けたときを除き、一度相続放棄をすると、取消しや撤回をすることはできません。

 

※葬儀費用としての支出や相続人が受取人としての生命保険金の受領は、「処分」にあたらないとしています。

 

相続放棄の影響

相続放棄がなされると、その者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものみなされます。

 

例えば、夫が亡くなり妻(配偶者)と子供2人が相続人で、そのうちの子供一人が相続放棄をした場合は、相続人は妻と子供一人(相続人の数が一人減るだけ)ですが、妻と子供二人とも相続放棄をした場合、相続人は夫の両親となり、両親も相続放棄をした場合は、最終的に兄弟姉妹が相続人になります。

 

さらに、兄弟姉妹も相続放棄をしてしまうと、相続人はいなくなることになります。その後、相続財産の管理人が選任されたのち、特別縁故者に財産分与がされ、残った財産は国に帰属します。

 

他の相続人が相続放棄をしたか知る方法

上記のように、他の相続人の相続放棄の有無によって、借金を背負う立場になります。そのため、相続人(共同相続人、後順位相続人)等が「相続放棄の申述受理の有無についての照会」をすることにより、相続放棄をしているか知ることができます。

 

債務超過で借金が過大な場合は、相続放棄をすることにより、借金を承継しなくて済むので、できるだけ早く相続放棄の手続きを行なうことをおすすめいたします。

相続放棄の料金とご用意いただくもの

 

 

お問い合わせ