【コラム】遺言者の気持ちを残す

2013-04-20

通常、遺言によってできる内容は、法律によって決められています。しかし、それら法的に決まっている事項の他に、遺言者の気持ちを相続人に伝えることができます。これを遺言の付言事項といいますが、どのような理由で、その子に財産を残したのか、この言葉があるかないかによって、遺留分が侵害されている相続人にとっても、争うことをやめ、「争族」を予防できる効果もあります。